一人暮らし向けのロフト付きのワンルーム

よくある画一的な間取りの賃貸物件よりも、ロフト付きのワンルームに興味があるという人は多いのではないでしょうか。こちらでは、一人暮らし向けのロフト付きのワンルームのメリットやデメリット、選ぶポイントについてご紹介します。

一人暮らし向けのロフト付きのワンルームを選ぶポイント

騒音は気にならないか

2階建以上の賃貸物件で、ロフトがある部分は二階の床部分に近い場所です。ロフトを寝室に利用すると、足音がうるさくて寝られないということも。内見の時には、なるべく住人がいる時間を狙って騒音が気にならないかを確認しましょう。足音や騒音が気になる人は、最上階の部屋を選ぶと安心です。一方で、最上階は紫外線を直に当たる部分でもあります。夏はロフト部分に熱がこもり、暑くなるため、夏場は下に寝るなどの工夫が必要です。扇風機などを使うと、空気が循環し、夏場は涼しく、冬場は暖かく過ごせます。ロフトは寝室のほか、洗濯物を干すスペース、収納スペース、コレクション部屋などさまざまな使い方が可能。騒音が気になる人は、収納や洗濯物を干すスペースとして活用しましょう。

ハシゴは登りやすい?

ロフトへの移動は、ハシゴであることがほとんど。頻繁な移動が必要であれば、昇り降りしやすいハシゴであるかどうかも重要なポイントです。建築基準法では、固定式のハシゴは設置できないため簡易的なハシゴであることが多いでしょう。何か物を持ってロフトに登る時に、滑ってしまっては大変です。ハシゴに滑り止めがついているかどうか、簡単に登れるかどうかを確認してください。ロフトを収納スペースや洗濯物を干すスペースとして使うと、たくさんのものを持って登らなければなりません。両手でハシゴを持って登るのが通常ですが、物を持って登れるハシゴかどうかも確認しましょう。手すりがついているハシゴであれば、安定感を持って登れます。

ファミリー向けのメゾネットタイプの物件

一戸建てのように住めるメゾネットタイプの賃貸物件は、ファミリー世帯にとても人気のある物件のひとつです。こちらでは、メゾネットタイプの賃貸物件のメリットやデメリットなどについて解説します。ぜひ読んでみて、検討すると良いでしょう。